ダーツって楽しいのダーツ!
ダーツ自体は気軽に出来ますが、ある程度の知識があった方が格好いいのは間違いない。そこで私の実体験を元に、色々ご紹介していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
ダーツで友達作り
個人的にダートの魅力は、プレイよりも、人との繋りが一番大きいと考えています。
私もダート友達はたくさんいますが、どの友達も最初から仲が良かった人は少ないですね。

何度もお店に通う内に、次第に顔見知りになり、一緒にプレイをし、「他のお店にも今度一緒に行ってみようか?」となり、今に至るケースが多いです。

元々友達を作る事は得意じゃないんですけど、ダーツという一つの大きな共通点があるだけで、意識せず友達を作る事が出来ますね。

もちろん時には言い合いになることもあるし、ゲーム内容でギクシャクする事も。
でも、次の日同じチームでプレイをしていると、そんな事すっかり忘れていたり。

ダーツって気持ちがすごくプレイに出てしまうので、日常生活で何かあったのか?と心配になる事もあるし、心配してくれる事もあります。

やっぱり人と人との接点というところが、ダーツを続けている大きな理由かなと冷静に思いますね。

どんなに、個人プレイに徹しているプレイヤーでも、必ず相手への礼儀は徹底している世界ですし。

あまりいないとは思うけど、「ダーツ嫌い!」、「名前を聞いただけでも寒気がする」という人も、世の中にはいると思います。
悲しいけど、そういう人にはダーツを無理に勧めるのはよくないですね。

付き合いで来ているだけの子に、しつこく勧めている人もたまにいますが、それはお門違いもいいところだと思います。
やはり、先人達が築き上げてきたダーツの良い所を、私達でもっと良くしていく事が大切ですね。

ダーツはプレイするだけでなく、その雰囲気を楽しめる事が仲間を増やす一番のポイントだと私は思います。
上手い下手は、あまり関係ないのです!
スポンサーサイト
▲TOP
マナー徹底月間!
今日はダーツバーでプレイしてきました。
いつも行くお店なのですが、扉を開けると「マナー徹底月間!」と書いてました。

最近、ダーツプレイヤーは明らかに増えてきたけど、マナーのない人もすごく増えましたね。
一昔前までは、30代から50代ぐらいの人が多かったのに対して、最近は大学生ぐらいの子がすごく多い。

わいわい騒ぐのも、少し度が過ぎてる気がします。
さすがに知らない人に野次を飛ばしたりとかはしないけど、身内にはガンガン飛ばしていますね。
自分が言われている事ではなくても、やっぱり気持ちのいい事ではありません。

ダーツバーがマナー月間とか書いているだけでも、かなりショックなのに。

ダーツって気軽なんだけど、ある程度の敷居を高くした方がいいのかなとも思いました。
色んな人がやってくれるのはすごく嬉しいけど、誰でも彼でも増えればいいという物ではないですよね。

最近一番びっくりしたのは、プレイしているボードのそばで、自分のダートを拾っていた人がいたこと。
これはもうマナーがどうのより、かなり怖いですよね。
これも若いお兄ちゃんだったけど、ソフトボードで本当によかった。
しかしソフトボードが主流になりだして、本当におもちゃみたいなダートが増えているのも少し怖いですね。

自分もそういう現場を目撃して、気軽に注意が出来ないのも責任を感じました。
やはり、ある程度の知識を持ったダーツプレイヤー達が、押しつけるのではなく、「こうした方がいいよ~」と歩み寄る姿勢が、本当に必要なマナーなのかな?とも思います。

▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。