ダーツって楽しいのダーツ!
ダーツ自体は気軽に出来ますが、ある程度の知識があった方が格好いいのは間違いない。そこで私の実体験を元に、色々ご紹介していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
ルール知識は必須
まだダーツを始めて3ヶ月ぐらいですが、最近特にルールを知っておく事が大切だなと実感しています。
ダーツパブで友達に誘われたのがきっかけで、ダーツをするようになったのですが、先日初めて知らない方とプレイをしました。

相手の方からまぁ専門用語がよく出る事。
正直さっぱりわからないですね。

用語は相手の方の話し方とかで、何となく意味はわかるのですが、ルールはさっぱりですね。
私はソフトボードでしかプレイした事がないので、カウントアップルールしかわからないです。

相手の方にそれを伝えると、「全然いいけど、他にもおもしろいルールはいっぱいあるから、覚えておくともっと楽しいと思うよ」と言われました。
確かにその通りだけど、名前が覚えにくくて、正直かなりつらいですね。

最近覚えたルールは、カウントダウンぐらい。

でもパブに行くと、みなさん私が知らないルールばかりでプレイしていますね・・。
なので、私としてはまだまだ一人で気軽に行けるところではないです。

ルールはすごくわかりにくく出来ていると、個人的には思う。
もう少しシンプルなゲームが多くてもいいと思うんだけどなぁ。
友達と行っても、結構個別で誘いが来たりします。
「無理にダーツをする必要は一切ないですよ。」とお店の方も言ってましたが、別に嫌いな訳ではないので、断りにくいですね。
ようするに私がルールを覚えてしまえば、それで解決するんですけどね。

あまりお金をかけるつもりはないのですが、ルールブックぐらいは買っておこうかなと思います。


スポンサーサイト
▲TOP
メンタルの強化
ずっと遊ぶためにプレイしていたダーツですが、最近日常生活でもメンタルトレーニングが役に立っています。
仕事の時も、少し自分を落ち着かせるだけで、ちょっとしたミスがなくなりますね。
友達と話している時でも、ついつい口に出てしまう”言わなくてもいい事”に、よくストップがかかるように。

ダーツを始める前までは、あまりこういう事を考えた事はなかったですね。
よく武道をしている人。
剣道とか柔道とか。
そういう人は、精神的にも落ち着いている人が多いって聞きますけど、ダーツでもそれは一緒だと思う。

ちゃらちゃら遊んでて投げるだけだと、絶対狙った場所にはいかない。
投げる前は、絶対回りの人も静かになるしね。

家でもダートを片手に、ずっとイメージを描きつつ練習するようになりました。

すぐに結果が現れる事ではないけど、次の日新しい気持ちでダーツをすると、内容はかなり違いますよね。
新しい自分になった気がして楽しくなる。

対戦形式によっては、相手の考えている事とか、戦略を探るのもすごく楽しい。
ダーツっていうスポーツはつくづくすごいと思う。

プロの大会動画とか見ていると、すごく自分を追い込んでいる人もいるけど、あれを見ると”やっぱりプロでも精神集中の仕方を間違う”と、思うような結果は出せていない。
技術は練習していけば身につくけど、メンタル面だけは日々の自分で調整かけていくしかないですね。

技術もメンタル面でのカバーを増やさないと、あと一歩でつまづく事が多い気がします。

ダーツ片手に自分を落ち着かせる。
これがお勧めのダーツトレーニング法ですね。

▲TOP
トーナメント試合
トーナメントについて調べていたのですが、色々ありすぎてよくわからないです。
これって原則プロしか出来ないんですかね?

ダーツショップやダーツバーが主催している大会には出た事があるのですが、トーナメント形式だと、やっぱり日本全国募集になって、結局はプロばっかりになってしまうのかしら。

仕事もしてるし、子供もいるので、なかなか毎日練習するという事も出来ないので、プロが多い大会だとかなりテンション下がってしまいますね。
でも勝ち上がっていく快感は是非やってみたいです。

一度プロの方と対戦した事がありますが、勝てる時は勝てますね。
相手が本気になったらすごそうだけど。

プロの方の話では、プロの大会がどうしても多いのは当たり前で、そういった大会でランキングポイントを維持しているそうです。
原則アマも参加出来るけど、そこまで甘い物ではないし、賞金も出ないとの事でした。

プロテストを受けようかなという気も少しありますが、あくまでアマチュアメインのトーナメントをやってみたいですね。
やっぱりあんまりないのかな・・。

もう少し気軽にトーナメント形式の試合を体感できるといいですね。

最近はダーツ仲間で、懸賞金を掛け、独自ルールでトーナメントをやっています。
月に一度、基本仲間内で盛り上がるイベントですが、ダーツバーに来たお客さんが参加する事も。

これを発展させて、各協会に主催をお願いできるぐらいになれば一番いいのですが。
アマチュア限定にして。

それでもダーツ人口を考えるとまだまだ厳しいのが現状ですね。

▲TOP
筋肉痛になりました。
最近ダーツを始めたのですが、これってかなりハードじゃないですか?
歳のせいか、二日後にガツンと来ましたね。

ダーツバーデビューをしたのですが、若い人達が普通にガンガン遊んでたから、自分もそのノリでやってしまいました。
いやはや・・大間違いでしたね。

初めて対戦形式でプレイをしたのですが、相手の方から「投げ方が安定していないと筋肉痛になるよ」と言われました。
そう言われると私の場合、基本がまったくわからないですからね。
なるほど納得です。

ちょっとダーツにはまってしまったので、一式全部揃えてみました!
ダーツって結構安いですね。
1万円ぐらいで割りといいのが買えました。

今自宅で毎日投げてるんですが、腕がプルプルしますね。
会社に行くのも正直つらいです。

あと、ダーツの教本も買いました!
今まで趣味らしい趣味もなかったけど、始めるのに年齢がまったく関係ないのがダーツのすごくいいところですよね。
プロの人も年配の人が多いみたいだし。
プロになろうと思ったら大変そうですが。

外れた時の「こんちくしょー!」が治るまで、ひたすらがんばります!

筋肉痛にならないために、走りこみも始めました。
ジャージは恥ずかしいので、ランニング用のアイテムも色々欲しくなってきました・・。
最近有名野球選手が着ているような、アンダーウェアが欲しいですね。
高いけど。

でもこの歳になって、筋肉痛で痛くても、それでも投げている自分が何だか楽しいです。
「もう歳だから今更なぁ・・」と思っている中年諸君!是非一緒にがんばりましょう!
シンプルですが奥が深い、でもあんまりお金もかからない良いスポーツだと思いますよ。
▲TOP
オリジナルルールで遊ぶ。
ダーツの場合、ほとんどのゲームにルールが設定されているけど、なんか納得いかない部分ってないですか?
自分は、友達とよくやってるのがオリジナルルールです。

例えば、ゼロワンをやる時なんかはゼロゼロにしたり。

01設定だと、なかなか終わらなかったり、途中で面倒臭くなる。
まぁ自分らが下手クソだと言われてしまえばそれまでだけど。

他人とする時は別だけど、身内でやる分にはルールってあんまり関係ないと思います。
あんまり慣れていない子を入れる時とかは、みんな絶対どっかでルールを緩和させますよね?
「じゃぁ残り1本はどっかに当たれば20点でもいいよ」とか。

本格的にやってる人達からすると、少し違和感があるのかもしれないけど、遊びでやってるんなら全然いいと思う。

最近お勧めなのは、カウントダウンのバーストなし。
これだとサクサク進む。
自分らはよく賭け事しながらやってるから、勝敗を早く付けたい時にはかなり熱いです。

自分はダーツって友達と楽しむためにあると思ってます。
決められたルールに違和感があるなら、変えていくぐらいで丁度いいと思うけどな。

もちろん決められたルールを覚えておかないと、知らない人とプレイする事は到底無理だけど。

ただルールを変えたつもりが「実はそのルールゲームあるよ」という事もあるので、これは結構恥ずかしいですね。
自分の場合は、イーグルズアイをブルでなく、どこでもあり!にしたつもりが、エースに似てるって言われました。
知らないルールの方が多いと、なかなか難しい。

ルールの存在する数だけ、先人達も同じように苦労してきたんだなと思うと、おもしろいですね。
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。