ダーツって楽しいのダーツ!
ダーツ自体は気軽に出来ますが、ある程度の知識があった方が格好いいのは間違いない。そこで私の実体験を元に、色々ご紹介していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
ダーツ用語
ダーツをみなさんにも、是非手軽にプレイして欲しいのですが、結構用語が難しいです。

ゲームセンター等ではそこまで難しい用語が使われる事はありませんが、ダーツバー等では普通に”最低限の用語”は使われます。
ダーツバーでプレイしている人たちは、グデグデに酔っ払っていなければ親切な人が多い(遊ぶために来てる)ので、直接尋ねても全然大丈夫。

でも、事前に知っておいてまったく損はないので、よく使われる用語だけでも覚えておきましょう!

・アウトボード
ようするに外れ。
的から外れる時に使う。

・ブル
ど真ん中のポイントエリア。
ど真ん中きたー!とは言わない、ブルった!と言う事が多い。

・アウターブル
ブルの一つ外側の円。
アウトブル、シングルとも言う。「シングル」は特によく使います。

・イーグルズアイ
名前が格好良い。
ひたすらど真ん中(ブル)を狙う競技。
その内容もシンプルで格好いい。
ブルだけをひたすら狙うのはプロでも結構難しいので、おもしろい。

・エリア
読んで字の如く、ボード全体を指す。
説明する際に、本当によく出る。

・グリップ
ダーツの持ち方。
かまえた瞬間、素人か玄人かがわかる。

・ゲームショット
勝ちゲームの時、最後に投げた一本を指す。

・スコア
得点。単純に「点」とも言う。

・スロー
「投げる」という意味だが、ダーツでは3本投げる事を「1(ワン)スロー」という。

ダーツ
一般的に競技を指す。
矢単体を指す事も多いけど、矢は「ダート」と言う事が一般的。

他にも色々用語はありますが、私もまだまだ知らない言葉はたくさんあります。
個人的に上記の単語は、素人の私でもよく使うので是非参考にしてください! ダーツバー
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。